ピーリング洗顔の注意点

ピーリング洗顔の注意点

ピーリング洗顔を自宅でする場合の注意点をまとめておきましょう。難しいことではないのですが、思わぬトラブルを招くのも困りますので、ちょっとしたコツも知っておきたいですね。

 

・ピーリング洗顔は夜がおすすめ

ピーリング直後は肌の状態が一時的に弱くなります。
表面をガッチリ覆っていた固い角質が剥がされたのですから当然ですね。

 

ここでしっかり水分補給をして保湿してあげないと、かえって肌のトラブルを招きます。

 

出来ればメイクもして欲しくないですし、紫外線などもってのほか、ちょっと休ませてあげたいのです。せっかくワントーン明るくなったのだから、外出して人に見せたい!と思うかもしれませんが、そこはちょっと我慢して、ピーリングは夜寝る前に行うのがおすすめです。

 

美白化粧品などをしっかり補給してぐっすり眠れば、翌朝にはぷるぷる肌になるはず。

 

・泡でしっかりピーリングする

通常の洗顔と違い、ピーリング洗顔の場合は泡でしばらく顔を覆っておく時間が必要です。
これは入手した石鹸などによって異なると思いますので、基本的には説明に従って下さい。

 

一般的には、しっかり泡立てた後顔に乗せて、2分から3分くらいそのまま待つようになっていると思います。普通の石鹸のようにすぐ流してしまうと、何の効果も無くなってしまうので注意です。

 

・1週間に1回しなくても良い

ピーリング洗顔の目安は通常1週間に1回までと言われますが、これは絶対に1週間に1回しなければいけないわけではなく、それ以上は行わないようにという意味です。

 

もし肌の状態が良いのであれば、2週間に1回でも問題はありません。
また、なんらかの理由で肌の状態が悪い場合に無理して行うようなものではありません。

 

・乾燥肌の人は使用を検討

乾燥肌の人や敏感肌の人は、もともと肌のターンオーバーが早くなっている場合があります。
そんな時にムリに自分で角質を剥がすような刺激を与えることが良いとは限りません。

 

また、皮膚炎などを持っている人も、ムリにピーリングで肌を入れ替えようと自己判断するのは危険です。ピーリング洗顔は通常の洗顔とは違いますし、刺激の少ないものでも皆無ではありません。

 

使って悪化してしまったのでは、あまりに悲しいです。