ピーリングの副作用

ピーリングの副作用

ピーリングは、古い角質を取り除くことでニキビを改善したり、化粧のノリが良くなったり、肌のくすみが取れる効果があります。ピーリングにはデメリットや副作用があるのでしょうか。

 

ピーリングは、古い角質を取り除きますが、やり過ぎると必要な角質まで取り去ってしまう可能性もあります。週に1回程度なら問題ありませんが、長期的に毎日のようになると肌が薄くなって敏感になり逆効果になる可能性があります。

 

元々肌が薄くなってダメージが強い方にはピーリングが向かない可能性もあります。
ピーリング石鹸やジェルを使って肌に刺激を感じるようなら、使用を中止しましょう。

 

ピーリングすると、肌が突っ張ったり、乾燥を感じることがあります。
ピーリング洗顔後は、いつも以上に保湿を十分に行う必要があります。

 

特に大人の方でニキビが出来ていたり、肌が硬くなっているという方は、保湿をしっかりしないと逆効果ですから気をつけましょう。

 

ピーリングは正しく行えば、肌のくすみが取れて、化粧ノリも良くなるのでお勧めです。古い角質がポロポロ取れる実感があるので、綺麗になったワクワク感も楽しめます。

 

ニキビ体質の方は、顔だけでは無く、背中ニキビや胸ニキビにも効果があります。
どのように使うとデメリットがでるのかをよく知っておけば、何もリスクはありません。